子ども ころころ便

子どもの便秘はとてもかわいそうですね

子どもの便秘は可哀想ですね。

 

小さい子どもはお腹の不快感をうまく伝えることができないので
親が注意してあげなくてはいけません。

 

毎日排便はあるか、排便の際には苦しがっていないか。
便は柔らかいか、固いかをチェックしてあげるといいでしょう。

 

お腹をマッサージしてあげたり、水分をしっかり補給してあげることも大切です。
子どもは新陳代謝が活発で汗をかきやすいので水分補給は
非常に重要なものになります。

 

子どもの便秘は放っておくと状態がどんどん悪くなりますので
早いうちに解消させたいと思いますよね。

 

お腹がパンパンに膨れて機嫌も悪くなるのでみていて可哀想になります。

 

子どもの便秘は徹底した予防が大切になりますね。

 

特に夏場になると大量の汗をかく影響でころころ便になってしまうという
子どもがとても多いのです。

 

水分補給をしっかりして便秘を予防することが大切です。

 

また食事も食物繊維が豊富な食べ物や乳酸菌などを食べさせて
便秘を予防することが大切です、

 

何をやっても解消しないという場合は、一度小児科に連れていき
診察をしてもらうことも大切です。

 

親御さんの中には直腸付近の便だけが固く、出てしまえば大丈夫だといって
病院に連れて行かない方もいますが、直腸付近の便が固い状態が長く続くと
直腸が広がってしまい慢性的な便秘になってしまうので
早めに対処してあげることが大切です。

ころころ便の原因は?

子どもの便が、うさぎのふんのようなころころ便だったという時が
時々あると悩んでいる親御さんは多いんですよ。

 

ころころ便の原因は水分不足です。

 

水分補給はちゃんとしているといっても
間違った水分補給の仕方をしていてはころころ便は
解消することはありません。

 

ころころ便を解消する水分補給のしかたは
食事の際に水分補給をするということです。

 

食事以外の時に水分をとっても、その水分はほぼすべてが
尿として排出されてしまうのです。

 

便を軟らかく水分を保持するための水分補給は
食事の際の水分が大切になってくるのです。

 

ご飯を一口食べたら水を飲む、おかずを一口食べたら水を飲む。

 

この習慣をつけることで子どものころころ便はかなり解消してきます。

 

また、ころころ便が続くと腸内環境が悪くなるので
腸内環境を正常にするために乳酸菌を摂取するのが望ましいです。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は胃酸の影響で死滅してしまうことがあるので
生きた乳酸菌を摂取することができる乳酸菌サプリを飲むといいでしょう。
楽天でも善玉菌のチカラが販売されています。

 

また、水溶性の食物繊維を食べると便が柔らかくなります。

 

ワカメや昆布などのぬめりがある食材には水溶性の食物繊維が
豊富に含まれるので子どものころころ便にはかなり効果的ですよ。